無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月13日 (日)

二人の死

年明けてしばらく、二人の死があった。
一人は、小学3年から中学卒業までいっしょだった、U君。数年前に交通事故で後遺症が残ったことは知っていたが、昨年亡くなったらしい。欠席した同窓会の集合写真と名簿が角封筒で送られてきて、幹事役の女性のまとめた文章で知る。「そういう年になったのだな」という寂しさがある。

年末にだらだら仕事をしてしまったこともあり、同窓会の返信ハガキには欠席に丸をつけて返送したところだった。仮に能率的に仕事を進めていたとしても、田舎に帰るとやはり気詰まりなのだろう。

そもそも、フリーの校正者などというのは一番わかりづらい職種で、事実、高等学校の名簿の時は、それで事務担当者とケンカになった。「フリー」とかいているにも関わらずしつこく「所属」を聞かれるのである。小・中(1クラスしかない)ではそこまで不快なことにはならないだろうが……。

もう一人は、父の旧制中学時代の友人。旧制京都三中~大阪外語~京都大学と進み、三十台半ばで立派な禅僧になっていた。こちらは大往生(だろう)。大学に進んだ時点ででも一度お目にかかっておくべきだったかな、と今にしてつくづく思う。

2008年1月 1日 (火)

新年のご挨拶

P1010437 年が改まったが、校正が中断したというだけ。
年越しそばを食べ、ワインを飲み、すぐ元に戻る。

7日~9日と出張校正があり、労働法関連の仕事(例の植木等を見にいけなかったアレですよ)もあるので、のんびりもできない。
画像は、暮しの手帖のカレンダー。わざわざ買ったというのも、私にしては珍しい(といっても、野鳥の会の小型を買い忘れたのだけど)。花森安治らしく、このカレンダーには六曜がない。このサイズでは珍しいかもしれない。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31