無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

民科

歴史学の本の校正。どこまで赤をいれるのか。かなり悩む。軽快に進んでいたようだが、見直しをすると、字下げの見落としを拾ったりする。

P1010569 民科歴史学部会というのが出てくるのだが、実は、死んだ父は、若い頃、自然科学部会に入っていた時期がある。証拠品は画像の葉書。BSへ行くうんと前。そんな人間が大阪府立工業奨励館から、BSになぜ行ったのか、母に聞いてもはっきりしない。民科にいた人間にあの会社が住みやすいところとは思えない。

母の話で判断する限り、父をそれほど左とも思えない。妙に坊ちゃん風をふかすところがあったようだから。あ、「左翼運動」? やってませんね。ひところの、NHKの連続テレビ小説だと、あの時代の旧制高校生や大学生は、みんな左翼ということになっているが、竹内洋が指摘するように、それはかなり事実と違うようだ。

戦時中に学生生活を送っていて、同じ下宿にいた東京農大の学生が検挙されたのを見たというが、これも母の聞いた思い出話。ただ、あの時代の生まれの人間は、科学方法論に凝るらしく、ポアンカレやリッケルト、果てはレーニン(『唯物論と経験批判論』の戦前の岩波文庫)までいちおうは蔵書にあった(本当に読んだかは知らないが)。

2008年3月29日 (土)

仕事に一区切り・ことしの桜

たらたらとやっていた、仕事の一区切りがついたので、お祝いに(?)HMVへ注文。
ハスキルとリパッティの未発表音源(TAH366)。これは、だいぶ前に出ていたのだが、ハスキルの「来たれ、異邦人の救い主よ」はすでに持っているので、この曲だけダブり買いになるのを嫌って買い逃していたもの。リパッティにも同じ曲があるので聴きくらべをすすめているのだろうが……。29日店から出荷。

P1010509_2P1010542_3P1010560_3 28日、気分転換に近所の桜をやたらと撮り、吉田秀和『永遠の故郷 夜』を近所で買う。週刊文春(3月27日号)の片山杜秀書評に影響されるところ多し。横にあるのは、昨年、買ったフォーレの歌曲全集。何せCD4枚組みなので、まだ2枚めを聴き終わったところ。『永遠の~』にしても、フォーレにしても、急ぐにはもったいない。

29日、近所のラオックスで、玄関のクリプトン球を補充、帰りに古本屋で、藍川由美『これでいいのか、にっぽんのうた』『「演歌」のすすめ』(どちらも文春新書)、上田三四ニ『この世 この生――西行・良寛・明恵・道元』(新潮文庫)。

2008年3月27日 (木)

仕事は進んでいるが。

P1010475_2  26日は好天。髪を刈りにいく。仕事はまだ数章だけ残っている。もっとも、一瀉千里にやっていて、ほめられることではない。

図表に、西川『人口』とあるので、てっきり西川俊作氏かと思い、検索したが見当たらず、西川潤で引くとヒットした。

そう、仕事関係がなければ、私は、俊作氏の名前は存じ上げなかっただろう。学部時代からそのあとも、西川といえば西川潤だった。この「第三世界のスーパースター」(そんなあだなが当時あった)からは経済学史を習った。私の学部は、いわゆるマル経ベースの学史がなく、これにかわるものとして、彼が教えておられたのである。もともとは、『カルヴァン経済思想の確立』が修士論文だった人だが、公明党支持の学者としても活躍しておられた。もっとも、現在の公明党は、西川先生の思想とだいぶはなれているし、『潮』や『第三文明』にも執筆されなくなっているようだ。

27日は植木等一周忌。さすがに去年のようなブームはないが、これは、本格的な評伝が書かれないこともあるのだろう。週刊ポストでやっていた、戸井十月の評伝にしても、遅すぎたし、資料の多くをナベプロによっているのではないか。アメリカを何でもかでも引き合いに出すのもしゃれたことではないが、少なくとも、日本は回想録の執筆が約束事になっている国ではないな、とも思う。たとえば、60年安保での政治参加と、70年のぬるさとについても、もっと早くに誰かが聞いておくべきだったろうし、それは、芸能界とは無縁の人――たとえば歴史学者――によるほうがよかったのかもしれない。

2008年3月17日 (月)

仕事はしているわけで。

仕事はしておるんかい、といわれそうなので、一応、報告。
しておりますよ。一昨日、受け取ったのが、これ。

08giants_l1_4 対校(いわゆる読み合わせ)をやったのは、何年ぶりだろう。表組みを2人であわせるのは、楽に思えるが、は、呼吸が合わないと物凄く疲れるものである。実は、これをやったときは左目がごろごろして、2時間おきに点眼していた。相手は50くらいのベテランで、さぞお気を悪くされたと思う。結局、あまりにつらいので、初校を終えたところでリタイア。仕事を世話していただいた大学の先輩にも、ベテランの人にもご迷惑をおかけしてしまった。

08kokoro_l1_3 こちらは、昨年末と今年の1月に、初校・再校とかかわった。92ページに富山県射水市などという地名を見ると、かのN郡長を思い出し、どんなところかと思う。校正の参考にと提供された写真のコピーはなんのことかさっぱりわからなかったが、色校正になるとだだっぴろい麦畑の上をツバメが飛んでいる写真とわかり納得。

アンドリーセン、結局あのあとユーズドを注文した。宮崎の店からクロネコメールでやってくる。多少の難は覚悟しつつ、高橋和巳の作品、たとえば、『革命の化石』とか未完に終わった『遥かなる美の国』を勝手に連想しながら楽しみにしている(人文研の系譜!)。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31