無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 風が桜の花びらを散らし…… | トップページ | 新刊のこと、など »

2008年5月26日 (月)

校正者クラブ総会など

24日。校正者クラブの総会。帰りに新宿に寄り紀伊国屋で、山川隆一『労働契約法入門』(日経文庫)を購入。アマゾン.コムではあまり評判がよくないが、この法律自体、出来立てのほやほやで条文も少なく、単体ではそれほど深く掘り下げられないはず。少なくとも、私にはこれくらいの深さでいい。

片山杜秀『音盤博物誌』の発売の日だったが、両手に荷物を持っていて、買いそびれ、菅野和夫『労働法第8版』もあのボリュームを考えると萎えてしまう。何しろ、天気は雨。なのに、母から頼まれた「いただき」(私は、小林よしのり『おぼっちゃまくん』でこの菓子の名前を知った。よしりんも菓子の趣味は悪くないじゃないか)、「玉子せんべい」「小豆せんべい」(東京にはこの手のあっさりとした甘いせんべいがない)とこまごましたものを抱えている。もう片方の手にはナイロンのビジネスバッグ。

25日。カッコウが! あの声を聴くとしばらく嬉しい。

内科の寛解期はいまのところ、順調に維持できている。
池袋線を使うことが増えたのも何かのご縁だろうから、小竹町の相良宏の住んでいたあたり――もっとも、大辻隆弘『岡井隆と初期未来』で描かれた時点で変貌はなはだしかったのだが、(江古田下車)――、清瀬の病院周辺(『経過一束』)、ひばりが丘(『たたかいのししむらの歌』や『経過一束』のあとがきに出てくる喫茶店「麦」はもうないらしい)と、無駄足承知で回ってみようか。文学散歩と言うのはこっぱずかしいが。

« 風が桜の花びらを散らし…… | トップページ | 新刊のこと、など »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校正者クラブ総会など:

« 風が桜の花びらを散らし…… | トップページ | 新刊のこと、など »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31