無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 遠用眼鏡 | トップページ | 手書き原稿校正・派遣村・早大シンポジウム »

2008年12月24日 (水)

校正・買い物

P1010711_2 伊豆の親戚からいただいた生しいたけ。お礼の意味も込めて。もっとも、ものをもらったからといってブログやネットの日記で書くのはあまりお行儀のいいことではないという意見もあるのだが。とりあえず、見事なので。

12月第三週の終わりごろから、ぽとぽとと見ている校正がある。退職金に関する手書き原稿なので、気は抜けないが、おもしろい。近所に岩波の文庫・新書を置いている本屋があり、23日に、買ったのは、
犬丸義一校訂『職工事情』上、中、下(岩波文庫)
・原武史『昭和天皇』(岩波新書)
佐木隆三『復讐するは我にあり』上、下(講談社文庫)

P1010714_3 『職工事情』は、仕事との関連。編集方針はやはり参考になる。『昭和天皇』はカバーを掛けたままだから画像にしなかったが、文章のセンスは一流。最後に、『復讐するは我にあり』。帯の、緒形拳、これでは極悪人ですね。下巻の帯では、専売公社職員を殺すシーンです。実は、映画と原作はだいぶ異なる。映画を先に見てしまうと、緒形―三國というどちらも深い宗教性のある俳優(かたや日蓮信者、かたや親鸞尊崇者)ならではの、人間に原罪といういわば逆方向からの照明をあてて描いたカトリック映画かと思ってしまうのだが。
映画になっていたかどうか覚えていないのだが、面白い箇所をひとつ。
「榎津は、減点されたことがない。作業成績だって、すごくいい。鉄工・木工・洋裁・印刷・クツ……いろんな作業のうち、印刷所へ行っていた。専門は校正で、ちょっと職員もかなわないくらい達者ということだった。だから作業賞与金も多い(以下略)」(上、93頁)
ゲラを出したらツタヤへ行こう。

« 遠用眼鏡 | トップページ | 手書き原稿校正・派遣村・早大シンポジウム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校正・買い物:

« 遠用眼鏡 | トップページ | 手書き原稿校正・派遣村・早大シンポジウム »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31