無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 早大シンポジウム | トップページ | すみだトリフォニー、父をめぐる人々(1) »

2009年2月22日 (日)

アスラン解散のこと、タイムカプセルめいた荷物のこと

しばらくブログを更新しなかった。
P1010719 1月27日 ワーカーズコープアスランが解散。園さんたちと話す。打ち上げでジョッキの生を少し(2センチ)だけ飲む。堀内光子さんが来ておられもう少し話したかったが。画像の最初は、ここでいただいた最後の仕事。昨年、少し触れたはず。リライトをして監修者に見ていただくという内容。

この日にあるところから電話がかかり翌日受けたのが、歴史人口学の校正。これは、2月2日に発送した。本当は本を購入するために3日に都内へ出て手渡しにしたほうがよかったのかもしれないが。そのあと、別口からのお話があったのだが、これは7・8・9・10とつぶれるので結局お断りせざるをえなかった。

2月12日 田舎の整理に行っていた叔母から宅配便で段ボール1箱。内容は
1. 父に関する書簡類
2.小中高での成績物の一部。
3.その他

インクは没食子酸を使った昔のものなので、きれいに読める。僕のテストの採点の水性サインペンはさすがににじんでいるが。

P1010727 小・中・高の試験が取ってあったのには驚いた。小学校は啓林館だったらしい。教材系の例のテストである。。2年の社会科の設問を見ていてえらく農業に力が入っている。農業人口の減少はこの頃から言われていたが、まだ減反政策が取られる前のことなのだ。

P1010722P1010721P1010724  小学校の「なつのとも」「ふゆのとも」(題字は榊莫山! 奥付画像は1年の「なつのとも」)、「極東の図鑑学習帳」などもある。。「じぶんのかお」を描いたクレヨンでの絵。これは歯を強調していて、正直怖い。ジャミラみたいになってる。それよりはましな港を想像で描いた絵。
テストは、いまさら、とも思い一度はベランダに出したが、母が捨てるのを渋る。点はいいけれど、こんなものを持っていても自慢にはならない。恥ずかしい。

タイムカプセルめいたこの荷物のかなりの部分をしめる父の手紙についてはまた回を改めて。

« 早大シンポジウム | トップページ | すみだトリフォニー、父をめぐる人々(1) »

コメント

田舎の整理で、忘れてきた過去が現れましたね。
よみがえる幼い日に自分を見るか、他者を見るか。成長して到達したいまとつながる跡がありますか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスラン解散のこと、タイムカプセルめいた荷物のこと:

« 早大シンポジウム | トップページ | すみだトリフォニー、父をめぐる人々(1) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31