無料ブログはココログ

リンク

フォト

« 恩人の死 | トップページ | 勉強会 »

2012年4月 6日 (金)

読んだ本・買った本

■読書
つまみ読みだった『オリエンタリズム』を一応通読し終わったあと、山辺健太郎『日韓併合小史』。学部2年の時、他学部聴講でとった「東洋史特論」(宮田節子)で知った本である。岩波新書だから、薄いはずだが、こちらもつまみ読みしかしていなかった。校正仕事で、マーク・ピーティー『植民地』を担当した際、この本のお世話にはなったらしく、あちこちに線が引いてある。正味、四日で読み終える。朝鮮という国が地図から消えてしまうまで、まるで雪玉が大きくなっていくような感じで読ませる。3月に亡くなったOさんがその晩年にくれた賀状で「学生時代に読んだトルストイやマルクスを読み返しています」と書かれていたのを不意に思い出す。

■購入
・三枝昂之『昭和短歌の精神史』角川文庫
親本(ながらみ書房)をつい買い漏らしていたので、さっそく購入。たしかに、色川大吉の『明治精神史』(黄河書房→講談社現代文庫→岩波現代文庫)タイプの物語的な語り口で各章をはじめたりするところはおもしろいし、戦犯探しの過程の恣意的な性格など、単純に善玉・悪玉で短歌史は書けないということを教えてくれるのだが……。いくつか疑問はなくはない。
たとえば……第二芸術論を軽薄で短歌の独自性を踏まえていないものとして叩く。ただし、これはいまだから言えることだろう。あの論争等が行われた当時でも、何もあれから学ぼうとせず被害者意識で対応した歌人はいるし、結社の小ボスならばなおさらそうだった。もし、あれがなかったら、日常性の安易な肯定の上で歌壇が栄えることはあっても内容が深くなることはなかっただろう。
あるいは……山崎方代が人名索引に出てこない。ああいう生き方は著者の想定外なのか。あるいは、村田利明が出てこない。あれも想定外なのか。「戦争中なのだから協力は当たり前」と考えて空疎な歌を作る人もいれば、それとは別に「個」を守った人もいる。アウトサイダーの出てこない精神史になっているのではないか。
さらに……昭和天皇の名は何回か出てくるが、歌人としてではなく、大日本帝国の主権者としてである。著者は、昭和天皇の短歌についてどう考えているのだろう?

・串田孫一『北海道の旅』平凡社ライブラリー
これは上質。

« 恩人の死 | トップページ | 勉強会 »

コメント

いちばん新しいのは、海野福寿著「韓国併合」です。1995年第一刷。
山辺健太郎氏は1966年初版「日韓併合小史」で「日韓併合」と題した。「日韓併合」はよく使われる言葉であるが正確には「韓国併合」が正しい、当時の新聞また国定教科書でも、条約の正式名称でも「韓国併合である」云々。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ本・買った本:

« 恩人の死 | トップページ | 勉強会 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31