無料ブログはココログ

リンク

フォト

2013年6月 2日 (日)

若林亜紀という物件

「行政改革」が中曽根一流の扇動の装置だったことに、気がつかない人、気がつかない振りをしている人が多すぎる。国労の衰退と動労の転向が中曽根の狙いだったし、森喜朗や中川秀直は、日教組と自治労を解体するのが狙いだとも言っている。

「サヨク」「アカピ」「ちょうにち」とののしられている朝日新聞だが、9.11のときにもテロとの戦いに参戦しかねない社説を書き、いまや、「少しばかり『リベラル』な産経」となりつつあるのではないか。『AERA』も同じことだ。そして、12月のTVに売れっ子として出ていた「ジャーナリスト」若林亜紀こそ、そういう時代の申し子だろう。

「独立行政法人祭り」「公務員祭り」――まったく2ちゃんねるの「祭り」と同じだろう――の中でも、彼女の地金が出たのが、都市再生機構をめぐっての12月4日の次のような叙述だ。

「愛知県保見団地では9000戸中4000戸が日系ブラジル人です。低所得者や身障者向けだから公金投入という理屈は通りません。」(渡辺大臣がんばって!2)

どこをどう見たって、日本人の劣情のような憎悪を煽り立てる文章ではないか。日本人のジャーナリストが日系ブラジル人について言うから、見逃されているのだろう。もしドイツのジャーナリストが、ドイツについて「トルコ人、ギリシャ人が~」とやりだしたら、レイシストとして逆ねじを食らうのは眼に見えている。URは、すでに1980年に国籍条項を撤廃している。

「入居の条件を満たしていますが、何か?」としかいうはずのないことだろう。入居後のマナーの問題はもちろん、あるかもしれないが、それはまた別である。日系ブラジル人の入居ををことさら問題視するのはいかがなものか。そして、保見団地については、URのHPでもわかるが、いわゆる億ション物件ではない。

もちろん、若林のブログで触れている都内の高級物件についての、外国人エリートビジネスマンへの高級住宅の建設が本旨ではないはず、というのは正しい。ただ、それは、「エリートビジネスマン(⇔ワーカー)」「高級住宅(⇔良好な住環境を満たす程度かそれより少しよいもの)」というところに力点を置かれるべきであり、中~低所得者向けの住宅の充実は、元ゼネコン社員で宅建保持者の彼女が夢想するような市場では無理だろう。かつて、早川和男が『住宅貧乏物語』で説いた、基本権としての居住権は、20年ほどたった今、見事に忘れられている――。

それにしても、若林のデビュー作『ホージンのススメ―特殊法人職員の優雅で怠惰な生活日誌』の腰巻に文章を寄せた佐高信はいったい、何を考えたのだろう。彼が推薦文を書いた新人はいまや、猪瀬直樹を支持し、行革イデオロギーを撒き散らしている。

外交官だった天木直人もやはり若林を支持する。官僚組織への批判で共通するところがあると考えているのだろう。しかし、若林は、イラク戦争反対を言っていたのはいつのことやら、いまでは、渡辺喜美にすりよるような考え方の持ち主ではないか。

渡辺は護憲派でも、イラク反戦派でもない。それどころか、神道政治連盟や日本会議のメンバーである。彼女は、安倍内閣発足時も行革に期待し、イケメン首相には甘く、タウンミーティング問題が明らかになるまで教育基本法には口をぬぐっていたのではなかったか。当時、まるでブレヒトの『第三帝国の恐怖と貧困』に出てくるウィーンの市民のような絶望感を持って事態を見守っていた一人としては、腹が立つ。こういうしかない。「若林さん、あなたが安倍内閣をあれほど増長させたんだよ」

知り合いの、あるジャーナリスト(これは本物)が、マスコミの早稲田閥を呪っていたのを聞いたことがある。彼によれば、学生の時分から一流マスコミでアルバイトしてコネつくりに余念がない早稲田の人間こそ、たいしたことない腕のわりにペイのいい仕事を独占している特権階級とのことだったが、何、三田のほうにも似たような人がいるということだ。

どうやら手紙を書くと必要があるらしい。書き出しは――

佐高信さん、いまでも、若林亜紀さんを支持しておられるのでしょうか。今後、『ホージンのススメ』が文庫化されるときも佐高さんの帯がつくのでしょうか。

彼女の最近の発言を見る限りあきらかにおかしな方向にかじを切ってしまっています。ブログではレイシストまがいの発言まで見られるではありませんか――。

2012年3月28日 (水)

『近代イギリス史の再検討』など

『再検討』での、なぜイギリスを研究するのかという意味が失われ細部の精緻化が進み、やがてはたんなる「アングロマニア」になってしまうという川北報告の指摘は、いま読み返しても鋭い。つまりは「イギリスおたく」がわらわらと学会にあふれる状況だろう。

専門的学問の創造者ではなく、単なる利用者である人間の場合はもっとひどいだろう。大学の教授や専門の研究機関の研究者でも、国文学や、英詩を研究している人の場合、イギリス経済史に対する知識は、孫引きだったりする。早い話が「イギリスはおいしい」ブームや英国紅茶ブーム(いまでもあるのか?)がそれ。

さて、池田浩士のいた学校ゆかりの版元から今度の本は出る。

*『ふぁっしょファッション』の著者といえば、一度だけ実物を拝見したことがある。美男子。白皙という感じなのだ。いまでも健在のよし。ハシズム云々もこれくらいなら迫力があり、少しは説得力があるだろう(私自身はファシズムとは理解しないけれど)。

2009年1月18日 (日)

早大シンポジウム

P1010715 早大シンポジウム。派遣村をめぐっての一連のニュースが聞いた利いたのか、補助席まで出るほど。橘木報告は少しゆるい(法学部向けということを意識されているのかもしれない)が、岩田報告は非常に有益。一昨年読んだ『現代の貧困』に相当する内容がうまく頭に入るようになっている。齋藤コメント、駒村コメントも丁寧。齋藤さんのは『政治と複数性』の第6章(もともとはミネルヴァの『福祉国家/社会的連帯の理由』の論文)をうまく膨らましているし、駒村氏の新刊『大貧困社会』の図を使っての説明もわかりやすい。中窪コメントも簡潔にして要を得ている。

欲を言うなら
1.社会保障法の菊池氏が司会者でもあり表に出てこられない。放送大学の『雇用・福祉・家族と法』(2003)の菊池氏担当部分では、生活保護の切り下げによる最低賃金との調整という旨の表現もある(153頁)ので、そのあたり、正面から運動側の参加者とぶつかり合うかと思ったが……運動側は支援に忙しくて来れないらしく不発。

これは、別に自己批判させられるのが見たいなどという下世話な話ではなく、『反貧困』での生活保護切り下げが課税最低限の引き下げを生み……という主張に対して、正面からの説得力ある反論があれば、実りあるものになったろうにと思うゆえ。菊池氏がベーシック・インカムを認めない立場というのも配布の『貧困研究』で知る。齋藤コメントで教育への投資としてのアセット方式などに話はつながるものの、やや時間が足りなかったかもしれない。

2.税法の専門家がほしい。財源論を言い出すのはやる気がない証拠というのは半分の真実であり、やはり、税については言及があってもいいはず。
3.官庁側がいてもいい。ただし、これは微妙で、かえって遠慮して議論が妙に予定調和的になる可能性がある。

出先の研究員Oさんと出会う。出先からの参加者はOさんだけらしい。

高田馬場BIGBOXの古本市が復活していて河野裕子『家』を買う。ぬけぬけとしているところがいい。佐佐木幸綱『夏の鏡』まであったが、そこまでフォローする体力なくこっちは買わず。かえりに大学近くの新刊店で『労働、社会保障政策の転換を――反貧困への提言(岩波ブックレット)』。

2009年1月12日 (月)

手書き原稿校正・派遣村・早大シンポジウム

手書き原稿の赤字引き合わせ、終了。それにしても第五章(1月4日)で、退職金法制化をめぐって森荘三郎の名を見たときは驚いた。大叔父(祖父の弟)がこの人の演習。関嘉彦先生の話によると授業は面白くなくまして学問的には低レベルだが就職だけは強いというタイプの演習だったそうな。大叔父の大学での成績はいまひとつぱっとしないのに安田銀行に就職したのも、そうかと思っていたが、要するにいまでいう政府審議委員会のメンバー学者だったわけか。世の中は変わらないものである。

もっとも、関先生の評価は、少し割り引く必要はあるかもしれない。先生の恩師・河合栄治郎は、経済理論や思想史、社会政策、財政学といった、原理を説き明かす科目や国家の運営に直接関わる科目のほうがえらいと思っている節があり、これに比べれば、森教授の担当の保険学などは二流の手段学とみなしていたのかもしれない。大河内一男『暗い谷間の自伝』を読むと、会計学や経済数学を教える同僚に対して冷淡な態度だったらしいので。

ほとんどひきこもり状態で校正したため、賀状を出しはぐれた。関西育ちなので松の内が明けると「とっくに正月は終わってるんや。おめでたいんはあんたや」と突っ込まれた記憶がある。延び延びにしてしまった割付が二つ。

1月5・6両日の外校正は、ワーク・ライフ・バランス関係の論文が多かったが、ひとつだけ、シティズンシップをめぐるものがあり、雨宮処凛や湯浅誠が参考文献に挙げられていたり、ブレア政権のクリック報告(政治学者のB.クリックが議長!)が取り上げられたり、やはり時代の変化を感じる。

派遣村は無事撤収。とにかく問題を明るみに出すこと、困っている人間に手当をすること、そのためには自民党(大村、片山)であれ、公明党(高木)であれ、「これではよくない」と考えている議員たちを使うこと(もちろん、自分たちのポリシーは守りつつ)――この方針は正しい。これまでの運動にない柔軟さ。

問題は本質的には解決していない。だが、冷笑主義で何かがまともになったということはない。池田信夫氏(というより正確にはそこに群がってくるネット右翼)や、勝谷誠彦氏、などずいぶんな発言は聞こえてくるが、問題の深刻さを前に「規制緩和をすればいい」でもないし、精神論でもないだろう。政務官や武蔵野市議会議員の発言が問題にされるようになったこと自体、時代はよい方に変化していると信じたい。

以下はシンポジウムのご案内。外校正の出先で掲示されていたポスターで知る。

===引用開始

開催日時 2009年01月17日(土曜日)
開催場所 東京都(早大本部キャンパス)

シンポジウム 「貧困の拡大とセーフティネットの役割-雇用と社会保障の交錯」

【時間】13:00~17:30
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス8号館3階303-305会議室
【報告者】
橘木俊詔 氏(同志社大学教授)
「現代の貧困とセーフティネットの役割」

岩田正美 氏(日本女子大学教授)
「貧困理論の展開と現代における貧困の実相」

【コメンテーター】
駒村康平 氏(慶應義塾大学教授)「経済学の立場から」
齋藤純一 氏(早稲田大学教授)「政治理論の立場から」
中窪裕也 氏(一橋大学教授)「労働法学の立場から」

【司会】
菊池馨実(早稲田大学教授。社会保障法)
石田眞(早稲田大学教授。労働法)

シンポジウムプログラム(予定)

13:00 開会挨拶・趣旨説明(菊池馨実)

13:10~13:50 第一報告(橘木俊詔 氏)

13:50~14:30 第二報告(岩田正美 氏)

休憩

14:45~15:30 コメント(駒村康平 氏、齋藤純一 氏、中窪裕也 氏)

15:30~17:30 討論

【シンポジウムの趣旨のご案内】
グローバルCOE労働法・社会法グループにおいては、研究の柱の一つとして、近年深刻な社会問題に繋がりつつある「貧困・格差社会」に関する問題と、これに対する社会法(労働法・社会保障法)のあり方について取り組んでいく予定です。
今回開催するシンポジウムは、こうした課題に取り組むに当たり、「貧困・格差社会」問題について従来より取り組んできた経済学および社会福祉学の立場から、現状における問題点を抽出していただき、これをもとに、法学に限らず経済学・政治理論を含めた多様な分野からの議論を重ね合わせることによって、「貧困・格差社会」問題に対して法学(社会法)が取り組むべき課題を浮き彫りにすることを目的としています。
講演者の橘木教授、岩田教授は、わが国における「貧困」問題、「格差社会」問題研究における第一人者であり、その業績は学界においてのみならず、橘木教授の『格差社会-何が問題なのか』(岩波新書)、岩田教授の『現代の貧困-ワーキングプア/ホームレス/生活保護』(ちくま新書)をはじめとする一連の著作を通じて、一般にも広く知られているところです。
また、コメンテーターの駒村教授、齋藤教授、中窪教授は、それぞれ社会保障論、福祉国家論、セーフティーネット論に関する第一人者であり、それぞれの立場からの活発な議論が為されることが期待されます。
このように「貧困・格差社会」問題に関する各分野の第一人者が一堂に会して議論を形成する貴重な機会であり、社会法に関心のある方だけでなく、「貧困・格差社会」問題に関心のある方の幅広いご参加をお待ちしております。

===引用終了(一部省略)

運動の側の人が多く来ればいい、と思う。そして、駒村、菊池両教授にどれだけしっかりとした(もちろん討議の礼儀にのっとった)質問ができるかが、試金石だとも。

手書き原稿校正・派遣村・早大シンポジウム

手書き原稿の赤字引き合わせ、終了。それにしても第五章(1月4日)で、退職金法制化をめぐって森荘三郎の名を見たときは驚いた。大叔父(祖父の弟)がこの人の演習。関嘉彦先生の話によると授業は面白くなくまして学問的には低レベルだが就職だけは強いというタイプの演習だったそうな。大叔父の大学での成績はいまひとつぱっとしないのに安田銀行に就職したのも、そうかと思っていたが、要するにいまでいう政府審議委員会のメンバー学者だったわけか。世の中は変わらないものである。

もっとも、関先生の評価は、少し割り引く必要はあるかもしれない。先生の恩師・河合栄治郎は、経済理論や思想史、社会政策、財政学といった、原理を説き明かす科目や国家の運営に直接関わる科目のほうがえらいと思っている節があり、これに比べれば、森教授の担当の保険学などは二流の手段学とみなしていたのかもしれない。大河内一男『暗い谷間の自伝』を読むと、会計学や経済数学を教える同僚に対して冷淡な態度だったらしいので。

ほとんどひきこもり状態で校正したため、賀状を出しはぐれた。関西育ちなので松の内が明けると「とっくに正月は終わってるんや。おめでたいんはあんたや」と突っ込まれた記憶がある。延び延びにしてしまった割付が二つ。

1月5・6両日の外校正は、ワーク・ライフ・バランス関係の論文が多かったが、ひとつだけ、シティズンシップをめぐるものがあり、雨宮処凛や湯浅誠が参考文献に挙げられていたり、ブレア政権のクリック報告(政治学者のB.クリックが議長!)が取り上げられたり、やはり時代の変化を感じる。

派遣村は無事撤収。とにかく問題を明るみに出すこと、困っている人間に手当をすること、そのためには自民党(大村、片山)であれ、公明党(高木)であれ、「これではよくない」と考えている議員たちを使うこと(もちろん、自分たちのポリシーは守りつつ)――この方針は正しい。これまでの運動にない柔軟さ。

問題は本質的には解決していない。だが、冷笑主義で何かがまともになったということはない。池田信夫氏(というより正確にはそこに群がってくるネット右翼)や、勝谷誠彦氏、などずいぶんな発言は聞こえてくるが、問題の深刻さを前に「規制緩和をすればいい」でもないし、精神論でもないだろう。政務官や武蔵野市議会議員の発言が問題にされるようになったこと自体、時代はよい方に変化していると信じたい。

以下はシンポジウムのご案内。外校正の出先で掲示されていたポスターで知る。

===引用開始

開催日時 2009年01月17日(土曜日)
開催場所 東京都(早大本部キャンパス)

シンポジウム 「貧困の拡大とセーフティネットの役割-雇用と社会保障の交錯」

【時間】13:00~17:30
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス8号館3階303-305会議室
【報告者】
橘木俊詔 氏(同志社大学教授)
「現代の貧困とセーフティネットの役割」

岩田正美 氏(日本女子大学教授)
「貧困理論の展開と現代における貧困の実相」

【コメンテーター】
駒村康平 氏(慶應義塾大学教授)「経済学の立場から」
齋藤純一 氏(早稲田大学教授)「政治理論の立場から」
中窪裕也 氏(一橋大学教授)「労働法学の立場から」

【司会】
菊池馨実(早稲田大学教授。社会保障法)
石田眞(早稲田大学教授。労働法)

シンポジウムプログラム(予定)

13:00 開会挨拶・趣旨説明(菊池馨実)

13:10~13:50 第一報告(橘木俊詔 氏)

13:50~14:30 第二報告(岩田正美 氏)

休憩

14:45~15:30 コメント(駒村康平 氏、齋藤純一 氏、中窪裕也 氏)

15:30~17:30 討論

【シンポジウムの趣旨のご案内】
グローバルCOE労働法・社会法グループにおいては、研究の柱の一つとして、近年深刻な社会問題に繋がりつつある「貧困・格差社会」に関する問題と、これに対する社会法(労働法・社会保障法)のあり方について取り組んでいく予定です。
今回開催するシンポジウムは、こうした課題に取り組むに当たり、「貧困・格差社会」問題について従来より取り組んできた経済学および社会福祉学の立場から、現状における問題点を抽出していただき、これをもとに、法学に限らず経済学・政治理論を含めた多様な分野からの議論を重ね合わせることによって、「貧困・格差社会」問題に対して法学(社会法)が取り組むべき課題を浮き彫りにすることを目的としています。
講演者の橘木教授、岩田教授は、わが国における「貧困」問題、「格差社会」問題研究における第一人者であり、その業績は学界においてのみならず、橘木教授の『格差社会-何が問題なのか』(岩波新書)、岩田教授の『現代の貧困-ワーキングプア/ホームレス/生活保護』(ちくま新書)をはじめとする一連の著作を通じて、一般にも広く知られているところです。
また、コメンテーターの駒村教授、齋藤教授、中窪教授は、それぞれ社会保障論、福祉国家論、セーフティーネット論に関する第一人者であり、それぞれの立場からの活発な議論が為されることが期待されます。
このように「貧困・格差社会」問題に関する各分野の第一人者が一堂に会して議論を形成する貴重な機会であり、社会法に関心のある方だけでなく、「貧困・格差社会」問題に関心のある方の幅広いご参加をお待ちしております。

===引用終了(一部省略)

運動の側の人が多く来ればいい、と思う。そして、駒村、菊池両教授にどれだけしっかりとした(もちろん討議の礼儀にのっとった)質問ができるかが、試金石だとも。

2007年12月29日 (土)

格差社会へ批判元年

雨宮処凛vs濱口桂一郎対談『格差社会へ批判元年』12月19日の『EU労働法政策雑記帳』予告されていたのが、28日朝日新聞夕刊に出る。ビミョーなすれ違いぶりがかえっておもしろい。竹信三恵子氏(『きほんのき』はこの人が学芸部次長の頃の企画。たまたま28日、近所の古本屋で入手。連載当時もおもしろかったが、思想的背景を考えると納得がいく)が司会と編集を担当したとあるが、ライブを見てみたいという気分。

論点は多岐にわたるが、興味深かったことを一つだけあげておくと、非正規労働者の組合について、

濱口「(独立系労組の) 功績は大きいが、正社員労組と一緒に戦う方が効果的。日本の職場は管理職と非正規雇用だけになる可能性さえあり、非正規の組織化なしに労組の将来はない」【( )はMaxの補足】
雨宮「ひどい労働条件の非正社員の増加を正社員労組は放置し、非正社員たちは自力で労組を作った。日雇い派遣など細切れ雇用の人たちを支える独立系労組は必要だ」

という、違いがある。

ただ、幸いにというか、出版の場合、ある意味では、この問題はクリアされかけているのかもしれない。ゼンセンのパート組織化についてかつて『日本労働研究雑誌』でのある論文がそこはかとなく示したような、正規社員側の組織防衛(=非正規の別系統労組による組織化の排除)という利害がそれほどは、絡まないこともある(むろん、お前は甘いんだよ、といわれればそれまでですが)。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31